忍者ブログ

ナナと、時々宇宙人

ウチュウカラキマシタ、そう聞こえる。

[PR]

2017/08/17(Thu)00:10

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

ジャズミン、吐血の原因とモンスターペアレンツ

2014/11/19(Wed)01:20

ジャズミンが吐血した原因は、Ottawa Pet Expoにて気になるメーカーから購入したこのひづめでした。

※ナナさん&ジャズミンにひとつずつを与えたため3つ入りですが、オリジナルは5つ入りです。

このひづめを製造しているメーカーは、カナダ産ヒューマン・グレードの(人間向け)材料を使い、地元の退役軍人を積極的に雇用するというオンタリオの会社です。

では、このひづめのなにがいけなかったのか??? 

左がいままで与えていたもの(別メーカー)、右が今回新しく購入したものです。このふたつ、厚みがぜんぜん違います。

いままで与えていたひづめはパルメザンチーズのような感じで、ジャズミンが噛んでも噛んでも粉のようなものしか出てきませんでした。しかし、新しいメーカーのひづめはとても薄いために破片が出てしまい、ジャズミンはそれを飲み込んでしまいました。

しかし、なぜかひづめのパッケージには一切のラベルがなく「これは危険では?」と感じた飼い主は、メーカーに直接コンタクトを取ってみることにしました。(右:同じメーカーで同時に購入した乾燥牛レバーのパッケージには、きちんとラベルが貼ってあります)

別に、彼らを訴えるとかそういうのではありませんョ。サブ飼い主さんは「うちの弁護士に相談する!」とキレていましたが、それは阻止いたしました。だって、きちんとチェックしていなかった飼い主の不注意もありますから。

参考までに、飼い主の送ったメールです。

Hello. My name is xxx (飼い主の名前) and I got your treats at Ottawa Pet Expo 2014. (こんにちは、わたしはxxxと申します。2014年オタワ・ペットエキスポで、御社のおやつを購入しました。)

I gave your hooves to my pugs and they seemed to love the product. The problem is that the hooves were so thin that one of my dogs broke it into shards and gulped the pieces without us seeing it. The shards were so sharp that her stomach and intestines got slashed from inside and she has been puking blood since Monday afternoon. (パグにひづめを与えたところ、とても喜んでいるように見えました。問題はひづめがとても薄く、わたしたちが気づかないうちにパグの1匹が破片を飲み込んでしまったことです。破片が非常に尖っていたため胃と腸の内側に傷を負い、月曜午後から吐血が続いています。)

She is now in intensive care on IV and pain killers, and will need constant monitoring for a few days while the stomach coating treatment progresses. (現在、点滴と痛み止めの集中治療を受けており、胃の粘膜が再生される数日間はモニタリングが必要です。)

I normally give them other brand hooves, but they are much thicker and I have never had issues until today. (通常は別ブランドの分厚いひづめを与えていますが、いままで特に問題はありませんでした。)

The packaging I got at the Expo does not include a warning to draw our attention to the risk shards detaching and hurting dogs. Please make sure to label all your packages so that other dogs will not need to go through what my dog is suffering right now. (エキスポで購入したパッケージには、破片が出て犬が怪我をするようなリスクがあると、注意を促すようなラベルはありません。他の犬が今後同じような目にあわないよう、すべてのパッケージにラベルを貼るようお願いします。)

※これを送った時点で、日本のオトモダチからは「完全なるモンスターペアレンツ!」と呼ばれましたけどね (・・;)  しかしカナダのオトモダチからは「こんなメール、やさしすぎるっ!!!」と言われてしまった次第です。(彼女なら、すぐメディアへこの件を持ち込んでいたらしいw)

すると、メーカーの社長さんより、深夜に即お返事をいただきました。

Hi xxx(飼い主の名前),(こんにちは、xxxさん) 

We are truly sorry to hear about your pug, we hope she'll be ok. We really appreciate you letting us know. The hooves have been a great hit up until now, and many of our customers demand them. This is a new product that has not been sold to stores yet, and this was the first time we brought it to a trade show. We have never had any issues up to this point, the exact opposite in fact. But, we really do appreciate the feedback and we will be sure to include the warning on our packaging should we carry this product in the future. (パグちゃんの件、とても申し訳なく思います。彼女がよくなりますように。ご連絡いただいたこと、非常に有り難く思います。ひづめは現在まで、たくさんのお客様から要望のあるヒット商品ですが、まだ店舗では販売されておらず、(ペットエキスポが)初めてのお披露目でした。今まで問題があったことはなく、むしろ正反対です。しかしフィードバックには感謝していますし、将来この商品を販売する際には、注意を促すラベルをパッケージに貼るようにします。)

We'd like to offer you and your furr family free a box of 30 bags of beef liver which should give you enough treats for a year. We realize this won't fix her, but we hope that you'll appreciate the gesture. (あなたとご家族に、おやつ1年分に値する30袋の牛レバーをお送りしたいと思います。これで彼女を治療することはできませんが、お詫びのしるしです。)

飼い主はまず、こんなに早くお返事がいただけると思っていなかったので驚きました。(カナダ人のオトモダチによれば、こういうのは火消しが必要だから早く行動したに決まっているとw 相手にしてみれば、飼い主がどんな人物なのか一切分かりませんから。)

彼らからのお返事で、カナダ人のオトモダチ数人がものすごく怒っていたのが、お金を取っているにもかかわらず、ラベルのないプロトタイプ(試作品)を販売し、いままでヒット商品だのどーのと言っているのが許せない、と。たしかに、こちらのメーカーのHPにはひづめの取り扱いはありません。HP経由で販売されているものは、すべてが乾燥おやつです。オトモダチいわく「そもそも店舗で販売していないのだから、販売数はたかがしれている。だから、怪我をした子の統計がないことも理解できる」と。

しかし、ジャズミンのことをよく見ていなかったという飼い主に負い目もありますし(ここが非常に日本人的と言われてしまうのですが)、彼らがすべて悪いというわけではないと思うのです。

飼い主、先方からオファーのあったおやつは丁重にお断りし、代わりにそのおやつをパグ・レスキュー団体に寄付していただくようお願いしました。ジャズミン&ナナさんよりも、もっとおやつが必要な子たちがいますから。

パグ飼いのみなさんなら、このメーカーに対してどのような行動をとりますか? 

(ジャズミンが元気になってくれたおかげで、飼い主もうちの弁護士さんに相談しなかったのかもしれませんが・・・。)

症状や治療のお話は、別記事につづきます。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
PR

No.528|健康のことComment(6)Trackback

Comment

無題

2014/11/19(Wed)06:40

ジャズミンちゃん
無事復活良かった~~私もホッとしてました
吐血なんてビックリで気を失ってしまいそうですよ
頑張ったねジャズミンちゃん
ナナさんは飲みこんで無かったんですね。。。
我が家ではヒヅメは与えてないのですが
誤食って怖いですね。。。果りんもなんでも口にするのでハラハラです

表情やっぱり似てますね

No.1|by さくか|URLMailEdit

Re:無題

2014/11/20(Thu)02:10

さくかさん

ありがとうございます&ご心配おかけしました。

血を吐いたときには、もうなにがなんだかで。内出血しているのかとかなり焦りました。

いつもはナナさんの方がいろんなものを飲み込むので、ナナさんのことは注意していたんですが、ジャズミンはどこかで大丈夫だろーと思っていたところがあったんですよね。

やっぱり、かりんちゃんとジャズ、似てますよね!どこかで遠い親戚なのかもー。

無題

2014/11/19(Wed)07:18

なるほど、そーいうことでしたか…。
モンスターペアレンツでは無いですよ、
私も絶対連絡はすると思います。
こういうことに関してはフィードバックして
共有していかないと同じことが起こってしまうし。
会社の方もすぐに連絡してきたということに
関しては評価できるとは思います。
ただ、やはり販売するにあたって安全性を
軽視しているところは感じられるかなぁ。
回復したからいいですけど、そうじゃなかった
場合のことを考えていたら、それだけでは
済まされないですもん。
また飼い主側もそういう危険性は考えて
ないといけないですけどね。。。

うるまは大きいまま色々なものを飲み込む
ので、本当に気を付けないとなぁ…と思い
ました。

でも、何よりジャズ子さんが元気になって
くれてほんとーーーーに良かったヽ(・∀・)ノ

No.2|by うるまの母|URLMailEdit

Re:無題

2014/11/20(Thu)02:18

うるまくんの母さん

ママさんも連絡する派なのですね。わたしはジャズミンのことで精一杯で、その時はまったく考えていなかったんですが、カナダのオトモダチから「メーカーにはもう連絡したんでしょ?」と言われ、すぐ連絡しないとこれは危険だわ!と。その時はまだペットエキスポだけで販売されたとは知らなかったので、店舗で販売されたもので怪我をした子がいるのではないか????と思ったんですよね。

ママさんのおっしゃるとおりジャズミンが回復したから、わたしも冷静にメールを書けたようなところがあるかなぁと。彼らとのその後のやり取りで「ラベルを貼ることで、消費者もメーカーもお互いがプロテクトできるので」って書いたのですが、お金を取るんだからラベルくらいは貼ってほしかったなーと思います。

うるまくんも、知らないうちに食べてしまって・・・ということがあるかもしれませんよね。気をつけてください~。ホントに元気になってくれてよかったです。

無題

2014/11/19(Wed)09:03

そうゆう事だったのですねぇ。
とても早急で的確な対応だったと思います。相手の対応もいいと思ったのですが、日本人的な考え方なんですねぇ。
ヒズメは与えた事はないのですが、我が家のパグちゃんもガムを飲み込むのでとても心配です。おやつでそんな、危険な事があるなんてしらなかったです。怖いですよねぇ。私たちが気をつけてあげなければと思いました。
ジャスちゃんが良くなってきて、本当に良かった!です

No.3|by ちい|URLMailEdit

Re:無題

2014/11/20(Thu)02:22

ちいさん

わたしの不注意でジャズミンに痛い思いをさせてしまい、ホントに申し訳なかったなぁと思っています。

ちいさんのところのパグちゃんは、ガムを飲み込んでしまうんですね。ガムはグリニーズみたいな歯磨きガムのことかな?うちは、ナナさんがグリニーズを秒殺で飲み込むので、与えるのはやめてしまいました。で、長持ちするひづめを与えたはずが、こんなことに(涙)

よくお医者様には「(ガムを)飲み込めたときは問題ない、飲み込めなくて喉にひっかかることが一番あぶない」と言われていたのですが、飲み込んだものが尖っているとまた別の話ですよね(涙)

本当にジャズミンの体調が回復してよかったです。ありがとうございました。 

無題

2014/11/19(Wed)12:54

ジャズ回復してきてよかったです〜。
吐血で集中治療なんてめちゃくちゃ大ごとで、運が悪かったら大事な我が子の死なんてこともあったことを考えると、プロトタイプを注意書き無しに売ってこんなことになるのは法的措置を!!!もっとちゃんと対応をしてもらわないと!メールだけなんて甘い!薄めの蹄なら割れて破片がっていうことはこの商品じゃなくてもいままで他の会社の製品で似たような報告があったりするかもしれないのにそういう点でのリサーチ不足な商品開発なんじゃないの?という怒りはあります。

でもでも、実際こんなことがあったらきっとshortyさんと同じようにすると思います。。。
shortyさんのメールと対応、とっても冷静でフェアで的確で、素晴らしいものだと思いました。ぜーーったいに会社へのクレームは必要です。モンペなんてことないです!ほんとジャズ子がよくなったからこのくらいでいいかという気持ちですよね。

No.4|by わるもの|URLMailEdit

Re:無題

2014/11/20(Thu)02:33

わるものさん

本当にジャズミンの体調が回復してよかったです。もしひづめが原因で亡くなっていたとしたら、わたしも冷静にメールを書いていたかどうかはわかりません。(その前に主人が、即弁護士さんに電話を入れていると思いますが・・・)

わるものさんも同じかな?日本に帰ると「どうしてそんなに(考え方とか行動が)外国人なわけ?」と言われ、でもこっちに住むと(カナダの人たちからは)「やっぱり日本人!」と言われ。今回の対応もこれでよかったのかどうかはわかりませんが(カナダ人のオトモダチは、ネットでメーカー名を公表すべき!と言ってました汗)、日本人的な感覚からすると、このメーカーにすべての落ち度があるとも思えず・・・。

あと、カナダのオトモダチからは「アメリカだったら絶対訴訟になっているレベル」と言われてしまいました。やっぱりこっちでは、言ったもの勝ちみたいなところがありますよね。(マクドナルドのコーヒー訴訟なんかもそうだし)

今後ひづめを(このメーカーが)販売する際にはラベルを貼ると約束しているので、ほかのわんちゃんたちが同じ目にあわないことを祈ります。

無題

2014/11/19(Wed)22:00

ずっとジャズ子さんの具合悪くなった原因は??って気になってたんですが、そういうことだったんですね...

う~ん...難しいですよね...
確かに日本人的感覚で言うと、モンスターペアレンツ??って思ってしまうかもです。
だけど、メーカー側からの申し出を寄付して欲しいとかって自分が受け取ることをやんわり断っておられる対応は、単なるモンスターペアレントではないことをメーカー側も理解してるんじゃないかな??って気がします。

我が家だったら、シャオパパに「お前がちゃんと見てへんからやっ!!!」って怒られて、「ごめんなさい...(泣)」で終わってると思います...

No.5|by 3びきの子豚|URLMailEdit

Re:無題

2014/11/20(Thu)02:50

3びきの子豚さん

長持ちするはずのおやつを買ったのに、こんなことになってしまいました(涙)

日本はどちらかというと、波風立てず、ですもんね。日本はそういう意味では「サイレント・クレーマー」の方がかなり多いですよね。不満があると(商品を)買わない&(レストランなどにも)行かない。相手には「どうして再購入がないのか、どうして再来店がないのか」という理由を伝えないので、相手はわからない=改善されない。

わたしの対応への反応も、カナダ人からは「やさしすぎる」と言われ、日本人からは「モンスターペアレンツじゃん」と言われてしまったのも、文化の違いもあるんだろうなーと思います。

基本的にクレームを入れるって、ものすごく疲れますよね。そもそも体力使いますし・・・。出来ることならば、クレームなしで過ごしたいです!

無題

2014/11/19(Wed)23:32

この蹄、何の蹄?
牛?豚?馬?羊?

私はShortyさんの行動は素晴らしいと思います。
いえいえ、モンペやクレーマーじゃないですよ。
立派な社会人としての対応だと思います。
ジャズちゃんみたいに、痛い思いをするわんこを無くしたいって思いだったんですよね?


社長さんの返信メール、よくわかんない(怒)
販売はしていないが、いままで問題はなくむしろ正反対です←って文句言ってるのはおたくだけで、世間様には好評だと言いたいの?
販売してないのに誰の評価やねん!

レバー一年分?
あほか~!松坂牛(しかもA5ランク)を送れっ
ハアハア(スイマセン乱れました)

ジャズちゃんが治ってきたから良かったものの。

オバチャン、めっちゃ心配したんやで~。












No.6|by ふーむ|URLMailEdit

Re:無題

2014/11/20(Thu)03:12

ふーむさん

それが、わたしもこれが何の蹄なのかは確認していなかったんですよー。そもそもラベルがないので、具体的にわからない(汗)ペットエキスポでは「ひづめです~」と言われ(もしかして説明されたかもしれませんが、聞いてなかったかも)、「新しいのがないから買ってかえろう」くらいにしか考えてなかったんですよね。わたしの不注意です。

メーカーにコンタクトを取る前は、普通に店舗で販売されている商品だと思い込んでいたので「商品回収した方がいいのでは???」と思ったんですけど、わたしもこの社長さんのメールをみて「誰の評価?従業員?それとも知り合い?」と思いましたよー。しかもいままでは「お金を取っていたのか?サンプルで周りに配布していたのか?」とかわからないですよね。でも、相手につっこむのはやめておきました。(ここらへん日本人です。これ以上関わらないようにーみたいな)

食べないものを送っても意味がないと思ったので、まずパグレスキューに「乾燥レバーをおやつに食べさせますか?」と確認したところ、パグズはみんな大好きというので、メーカーから直接レスキューに送ってもらうようにしました。松坂牛だったら、我が家でいただいていたかもしれませんwww

その時に、レスキューには今回の背景を少し説明したんです。(レスキューの方も我が家のことを知っているので)すると、即レスキューから連絡を受けたうちのブリーダーさんから連絡がありました。(ブリーダーさんもレスキューグループの支援をしているんです)それからブリーダーさんやモントリオール・パグクラブのFBでも拡散され、メーカー名は伏せられていますが、ひづめには気をつけて~とみんなに注意してもらえました。でもパグクラブのカナダ人たちが「メーカー名を公表してーーーー」と催促してきます(汗)ネットで書けませんと言っても、「こっちは知る権利がある!!!」と。文化の違いですかねー。

これで、ジャズミンと同じ目にあわないコが増えないことを祈りたいと思います。ご心配、本当にありがとうございました。
お気軽にコメントください。

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字