忍者ブログ

ナナと、時々宇宙人

ウチュウカラキマシタ、そう聞こえる。

[PR]

2017/12/19(Tue)01:30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

ナナさん、体調不良で同伴出勤

2016/12/16(Fri)02:00

ナナさん下痢Pのため、夜中のトイレは5、6回。朝も引き続きゆるゆるうんPのため、みんなへメールを入れてから同伴出勤となりました。
 
ナナさん、基本的にオフィスでは寝ています。一切吠えることもないので、同僚も(飼い主のオフィスに入ってこない限り)ナナさんに気付かないことがほとんどです。ドアを閉めている為に飼い主のオフィスにパグ臭が充満してしまうのが難点ですが、それ以外は完璧オフィスパグですョ。

お部屋でファイリングキャビネットの中身を整理していると、ずーっと背後から視線を感じます。

ジャズミンは飼い主が少しでも動くと興奮してしまうのですが、ナナさんはマイペース。キャビネットやドアを開け閉めしても、特に気にしません。コピーを取りに部屋を離れても同じです。

そのままナナさんを残し、隣のお部屋でミーティングをしていた飼い主たち。どれくらい経ったかな。突然ひょっこりと、ナナさんがお部屋に現れました。ドアが完全に閉まっていなかったようで、自分でドアを開け、飼い主たちの声が聞こえる部屋へやってきた模様です。

みんなに愛想を振りまくナナさんにはすぐ戻ってもらいましたが、今度は小さな声で珍しくくぅーんくぅーんと鳴くんです。トイレへ連れて行ったところ、駐車場でゆるゆるうんPでした。

※あまりにもオフィスが散らかっているため、画像は処理いたしました。

この日はトイレの合図を2回送ってくれたので、自宅もオフィスも汚れず無事でした。ナナさん、トイレをきちんと我慢してくれてありがとネ!

しかし!ひとり残されたジャズミンはキレたのか?寂しかったのか?情緒不安定だったのか?留守中カーペットにまさかのうんP。帰宅後も、また別カーペットでうんPしようとするんです。ジャズはいつも失敗しないのに、この日に限ってなーーーーぜーーーーー????

ふたりの精神状態を考えると、常にペアで行動させるべきなのかな。ナナさんだけ出勤すると、同僚も「ジャズは留守番中?」と聞いてくれます。ジャズがもう少し大人しければ、問題なくオフィスへも行けるのに・・・。

(ナナさん、翌日のうんPは正常でした)


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
PR

No.895|健康のことComment(1)Trackback

ナナさん、突然歩行困難に

2016/10/10(Mon)05:30

毎日のお散歩コースも紅葉中です。

この日も通常どおり(出勤前に)朝散歩へ出かけたのですが、ナナさんが散歩中に突然歩けなくなってしまいました (ノД`)・゜・。

急に右後ろ足を上げて3本足歩行になったかと思うと、そのまま座り込んで自力で立ち上がれなくなりました。後ろ足を舐め、庇うような仕草をします。立たせようとしてもすぐに座り込み、一切動けません。「ギャン」というような声を上げることもなく、本当に突然の出来事です ヽ(≧Д≦)ノ ウワァァン!!
 
ナナさんを抱っこして急いで帰宅し、獣医さんへ電話を入れました。この時点でも、ナナさんは自分で動くことができず、飼い主が(ナナさんを)玄関からソファへ運んでいます。

当日予約は一杯だったものの、症状を説明したところ、とりあえず連れて来て欲しいとアドバイスされました。鋭利なものを踏んでしまって肉球が傷ついてしまうケース、吸いかけのタバコを捨てたバカ人のせいで、肉球を火傷してしまうケースなどがあるそうです。

しかし、獣医さんへ到着したところ・・・ナナさんにミラクルが!!!歩き方も元通り、受付のおねえさんたちには尻尾をふりふり愛想を振りまくっています。ナナさんの様子が普通過ぎ、電話で説明した飼い主は虚言壁のようですョ (。´Д⊂)うぅ・・・。

まずは、先生の診察前にテクニシャンのおねえさんたちに問診してもらったのですが、診察室のソファへジャンプしようとしたり、歩き方も問題なし。肉球に異常もなければ、爪の状態もよし。特に異物が刺さっている気配もなく、足を触っても嫌がる素振りもありません。

(アポなしだったために)先生の手が空くまでケージで待機予定だったこともあり、そのまま診察はキャンセルしてもらい、帰宅した次第です。ちなみに、この日のお会計はゼロでした。

ナナさん、実は仮病だったのか?????????????? みなさんからは「今日はナナだけ?ジャズミンは?」とお声をかけていただきました。あんまり嬉しくない常連客です (ノ∇・、)クスン ナナさん、そこまでして病院へ来たかったのですか~???
 
お義母さんたちが(病院後に)ナナ&ジャズを1日チェックしてくれたのですが、バックヤードでジャズと一緒に走り回り、一度も足を庇うことはなかったそうです。

発症から1時間ほどで治ったから良かったものの、一体あれは何だったのか本当に不思議な出来事でした。
 

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.858|健康のことComment(2)Trackback

おパグパッケージのブラベクトで森散歩中のノミ&マダニも強くない!!!

2016/09/14(Wed)04:30

先日の獣医さん訪問時に購入したブラベクト(ノミ&マダニ駆除のお薬)。おパグさんのパッケージがイケてます。(定期検診&予防接種の記事はこちらから

ナナ&ジャズには毎年Sentinel(フィラリアのお薬)は与えていますが、ノミ&マダニ駆除のお薬は初めてです。

今までお薬を与えていなかった理由
・獣医さんたちからは、(森の)トレイルの真ん中を歩いている分には神経質にならなくてもよいと言われていた。
・(森の)背丈の高い草むらにでも行かない限り、お薬は必要ないと言われていた。

今回ブラベクトを与えようと思った理由
・森ではジャズミンがオフリーシュのため、いつ草むらに入ってしまうかと心配になる。
・(ナナ&ジャズが入らなくとも)草むらに入ったわんちゃんと森で遊ぶこともある。
・オトモダチより、実際にライム病にかかって亡くなったわんちゃんの話を聞いた。
・1錠で効き目が3ヶ月というのが便利&簡単。(獣医さんでは1ヶ月に1錠タイプも取り扱いあり)
・投与後、すぐに効き目が表れる。

ポークフレーバーのお薬は、やわらかいチューイングタブレット・タイプ。

ナナさんは秒速で完食でしたが、ジャズミンは小さく噛み砕いてゆっくりと味わっておりました。こういうところでも、性格が表れますネ。
 
これで安心して、ストレスフリーで森散歩ができますョ!

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.845|健康のことComment(0)Trackback

ナナさん、定期検診と予防接種

2016/09/13(Tue)00:50

ナナさんの定期検診と予防接種のため、獣医さんへやって来ました。(昨年の予防接種の様子はこちらから

ジャズ&サブ飼い主さんはお留守番です。待合室&診察室では、とても大人しく待機できますョ。

狂犬病とディステンパーは3年に一度ですが、レプトスピラ・混合ワクチン( 犬伝染性肝炎、パラインフルエンザ、パルボウィルス) は1年に一度のサイクルです。そして、今年はすべての予防接種が重なりました。

先生に証明書を発行してもらい、アメリカへの旅行にも備えます。

この日は他にも、BRAVECTO ブラベクト(ノミ・マダニ駆除のお薬)、Hillary's Blend(手作り食に必要なサプリ)、イヤークリーニング液を購入し、お会計は3万円なり。

Hillary's Blend(手作り食に必要なサプリ) $52.48
イヤークリーニング液 $12
診察費用 $67
ワクチン(狂犬病、ジステンパー、レプトスピラ、犬伝染性肝炎、パラインフルエンザ、パルボウィルス) $40
ブラベクト(ノミ・マダニ駆除のお薬)2匹分 $105.28

以上に税金がかかり、合計318.21ドルでした。

予想外のお値段に、お会計で一瞬固まった飼い主です (;´Д`A ``` ジャズミンの定期健診&予防接種等が重ならなくて良かったョ。


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.844|健康のことComment(1)Trackback

ナナさん、ガーガー呼吸で病院へ

2016/08/27(Sat)02:15

ジャズミンは元々ガーガー&ブーブー呼吸が日常茶飯事なのですが、ナナさんまでもが同様にガーガーと呼吸が荒くなったため、かかりつけの獣医さんへ連れて行きました。(ジャズミン、鼻腔狭窄の手術記事はこちらから

とりあえずは食欲もあり、元気いっぱいナナさんですョ。しかしサブ飼い主さんは「肺炎?風邪?寝冷え?もしかして気管に異物混入???」とナナさんを非常に異常に心配し、「放っておけない!!!」と自宅より仕事をする始末。

まずは先生に心臓音を聞いてもらったところ、特に異常は感じられないとのこと。聴診器できちんと心臓の鼓動が聞こえるそうです。(ガーガーと呼吸が荒すぎる場合には、その音で心臓の音がかき消されてしまうそうな)お熱も平熱のため、感染症の疑いもありません。

続いてX線撮影です。レントゲン写真にも異常は見られず(院長先生含め、3人の先生がチェック済み)、アレルギーもしくは呼吸法が原因ではないか?とのことでした。

シーズン的なこともあり、8月はアレルギーで来院するわんちゃんが多いそうです。また、パグ含む鼻ぺちゃ犬は他よりも気管が細いために(わたしたちがストローで呼吸しているようなイメージだそうです)長年の呼吸法により炎症した可能性も考えられるとのこと。

炎症を抑える注射の後に、抗生物質を処方していただきました。通常ならば注射で症状が改善されるそうですが、呼吸が悪化した場合には抗生物質を与えるそうです。サブ飼い主さんが、どうしてもバックアップで抗生物質が欲しいと先生に頼み込み (-。-;)。

ちなみに診察前の体重測定では、ナナさん16.4lbs(7.4キロ)、ジャズミン14.8lbs(6.7キロ)でした。飼い主は、デブったからのガーガー呼吸なのでは????と内心冷や冷やしておりましたが、先生からは「ダイエットするように!」とも「太りましたね・・・」とのコメントもなし(´∇`) ホッ

しかしお会計に関しては、全然安心できません。診察費用、X線撮影、注射、抗生物質、(ナナさんへの)ご褒美おもちゃで3万円近くが飛んでいきました ・゚・(ノД`;)・゚・

注射効果なのか?ナナさんのガーガー呼吸は少し小さくなったような気がしますが、以前のような静かな呼吸に戻ることを祈ります m(゚- ゚ )カミサマ!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.839|健康のことComment(1)Trackback