忍者ブログ

ナナと、時々宇宙人

ウチュウカラキマシタ、そう聞こえる。

[PR]

2017/04/24(Mon)06:45

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

"MUG" = おパグな蛾

2016/08/06(Sat)01:15

最近、北米のいろんなところでシェアされまくっている画像がこちらです。もしかすると、日本でも既に流行っているのかな?

※お写真はお借りしています。

おパグにそっくりな羽模様のある蛾=MUGだ!と呼ぶ人もいらっしゃいますョ。

ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ス、スゲー!

壁にとまっている蛾が、おパグさんのお顔にしか見えません!

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
PR

No.827|パグなリンクComment(1)Trackback

日用品とおパグを物々交換しようとしたバカがいた 凸(゚皿゚メ)

2015/07/21(Tue)02:00

ここモントリオールのKijiji(無料のネット広告媒体)に、信じられない広告が出ました。「自分のパグを物々交換します」と。

おパグと物々交換したいリストは、ビール、PS3、ホッケー用品、電化製品、BBQ、タトゥーなど目を疑うものばかり。この飼い主、確実に頭がおかしいに違いない。

火曜日にアップロードされたKijijiの広告は瞬く間に拡散され、コメント欄には、目撃されたおパグのCoodaちゃんにはすでに虐待の疑いがあることなどが書き込まれ、炎上します。

広告とコメントを読んだVanderweeさんは驚き、翌日250ドルの現金と引き換えに、バカ飼い主からすぐにCoodaちゃんを引き取りました。

しかし、ここで問題が。Vanderweeさんの住む地域では、1世帯には最大2匹までのわんこしか飼うことができません。(すでに2匹の先住犬あり)

そこに、救いの手を差し伸べる新たな飼い主さんが現れます。 すでに2匹のおパグさんと暮らすファミリーが、Coodaちゃんを自宅に迎え入れたいと申し出てくれました。

Vanderweeさんのバックグラウンド・チェックをクリアし、 金曜日には新しいファミリーの元へ巣立ったCoodaちゃん。Coodaちゃん、よかったね!!!新しい人生の始まりです〜。

このバカ飼い主には虫酸が走ります。世の中には理解できないことが多すぎるっ(;`O´)oコラー!

※ニュースの詳細はこちらから(英語リンク)

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.661|パグなリンクComment(2)Trackback

世界一のファッショニスタ!!!オサレパグのMattiちゃん

2015/06/24(Wed)00:30

飼い主には、インターネット上でフォローさせてもらっているおパグちゃんが何人かいるのですが、その中でも「絶対に世界一のファッショニスタ・パグでしょっ!!!」と思われるのが、こちらのMattiちゃん。

※MattiちゃんのFacebookインスタグラムTwitterアカウントはこちらから。

外出時には、いつもキュートなお洋服とアクセサリーでおめかしですョ。
    
だって、Mattiちゃんのクローゼットはショップ以上な品揃え~。

可愛いMattiちゃんにあわせたオサレコーディネイトが出来るよう、お洋服もハーネスもアクセサリーもたくさん揃っているのです。

でもね、実は彼女、数年前まではオーナーさんに捨てられたおパグだったのです。

2012年10月、幸運にもサクラメントのパグレスキューで新しい家族に出会い、彼女のわん人生は激変します。

シンデレラパグのMattiちゃんに与えられた第二の人生は、もっと楽しくもっと美味しいものになっているはずですネ~。

※MattiちゃんのFacebookインスタグラムTwitterアカウントはこちらから。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.643|パグなリンクComment(1)Trackback

おパグ飼い主さんの承諾なしで、眼球摘出手術の医療ミス!

2014/11/09(Sun)10:50

アメリカ・フロリダ州でのお話ですヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノ (詳細記事はこちらこちらから)

12歳のおパグ、クロエちゃん。目に白濁が見られたために飼い主さんは獣医さんのところを訪れ、3種類の目薬と2種類の飲み薬を処方されたそうです。

数日後、獣医さんがクロエちゃんのフォローアップをしたいというので、飼い主さんは出勤前にクロエちゃんを病院へ送り届けました。

すると、正午ごろ病院から「手術は成功しましたから、安心してください」という電話を受けた飼い主さん。手術?なんのこと?とパニックに陥った飼い主さんは、病院へ急ぎます。

飼い主さんはそもそも、治療費に5ドル以上かかる場合にはオーナーの承諾を得るよう、書類に記入をしていました。 しかし病院は、飼い主さんの承諾なしで、眼球摘出手術を決行。病院側は(事前承諾を得なかったという)ミスがあったと認めてはいるものの、眼球摘出手術は必要だったと回答しています。また、事前に手術の重要性についても説明していたと。

飼い主さんは、オプションのひとつとして手術の話はあったと証言していますが、彼女が選択したのは目薬を試すというオプションでした。

本当に、あってはならないアクシデントです・゚・(ノД`;)・゚・ クロエちゃんは「手術をしないで!ママに電話をして!!!」と言えないのだから。

飼い主さん、病院と争うことを決めたそうですが、トラウマを追ってしまった可哀想なクロエちゃん。クロエちゃんの目の傷が早くよくなりますように(/TДT)/

※お写真はお借りしています。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.520|パグなリンクComment(3)Trackback

パグ飼いさんは、高給取りでおしどり夫婦(世論調査より)

2014/11/04(Tue)00:10

こんなイギリスの記事を読みました。

Pug Owners Earn the Highest Salary and Are the Most Happily Married. (パグ飼いさんは、高給取りでおしどり夫婦である)

2,000人の犬飼いさん対象に世論調査をおこなったところ、パグ飼いさんは(他の犬種オーナーさんに比べ)最高給取りかつおしどり夫婦であるという結果が出たそうです。

例えば、パグ飼いさんの平均年収は£85,000(だいたい1500万)なのに対し、最も年収の低いわんこグループはグレートデンの飼い主さんで£35,000(630万円)なのだそうです。

ダルメシアンのオーナーさんはわんこに費やすお金が最も多いらしく、1週間あたり£17(3000円)のおもちゃやおやつを購入するそう。ヨークシャテリアのオーナーさんは最もハッピーで、ラブラドールのオーナーさんは独身が多いらしいです。そして、ゴールデンレトリバーのオーナーさんは最も高学歴なんですと。

サブ飼い主さんには、(我が家に限っては)高給取りのところは絶対に違うと強く否定されました((-_-。)(。-_-))イエイエ えぇ、飼い主もそれは合意します。

でもおしどり夫婦のところは、パグという犬の性格をよくあらわしているのかなぁ?と感じます。みなさんもご存知のとおり、おパグさんは大変手のかかるハイメンテナンスなわんちゃんです。そのため、夫婦が日常的に協力しあうのではないかなぁ(・_・?) おパグさんの犬とは思えない行動や変顔のおかげで、自然と笑顔も生まれるしネ (o^∇^o)ノ

みなさんは、この世論調査をどう思われますか???

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.515|パグなリンクComment(4)Trackback