忍者ブログ

ナナと、時々宇宙人

ウチュウカラキマシタ、そう聞こえる。

[PR]

2017/04/24(Mon)06:44

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

北欧旅行(お犬様編)

2016/12/16(Fri)02:10

※この旅行記は、カナダに住む飼い主の感想です。日本に住んでいらっしゃる方とは、視点が異なるかもしれません。コペンハーゲン観光編郊外観光編お買い物編食事編はこちらからフィンランド観光編お買い物編食事編はこちらから

フィンランド&デンマークを旅行して感じたこと。北米と比べると、北欧はわんちゃんが人間とうまく生活を共にしています。

こちらは、コペンハーゲン市内にたたずむ小さなお城「ローゼンボー城」です。

ローゼンボー城敷地内のガーデンでは、たくさんのわんちゃんがお散歩中でした。モントリオールだと、こういった場所では絶対にわんこNGになると思います。わんこ禁止の公園も多いですから。だから、こういう光景は本当に羨ましいです。

11月のフィンランド&デンマークでは、お洋服を着ているわんちゃんが多かったです。寒さ対策のためかな? お店でもわんちゃん用のお洋服を見かけましたので、北米に比べて抵抗がないのかもしれません。

先日アメリカで、お洋服を着せられたわんちゃんが保健所に保護されました。わんちゃん、そのお写真ではものすごく怒っているようでした。どうして怒っているのか、背景はわかりません。知らない場所&人に囲まれて怯えていたのかもしれませんし。飼い主はそのお写真を見て「飼い主さん、今頃あなたを探しているよね」と思ったわけです。しかし、インターネットは違いました。みなさん、飼い主さんを猛バッシング。「こんな洋服を着せられて、犬が可哀想」「飼い主にこんな格好をさせられたら、逃走したくもなる!」「犬に洋服を着せるなんて、バカ飼い主」 人生のだいたい半分をカナダで過ごしておりますが、カルチャーショックとはこのことですョ・・・。

フィンランドやデンマークでは、レストランやカフェでもわんちゃん同伴が多々見られました。(モントリオールでは、ただコーヒーを一瞬テイクアウトするだけでもわんちゃん入店禁止です)そして、店内ではわんちゃんがとても大人しいです。
 
だからこそ、トレーニングがしっかりできているのかな。オフリーシュのわんちゃんにもたくさん出会いました。

きちんと横断歩道で信号を待つわんちゃん。かなり交通量の多い道路でしたが、オフリーシュです。

飼い主さんと歩調をあわせて横断歩道を渡り、そのまま側にぴったりとくっついていました。

こちらはコペンハーゲン市内、市役所前の大通りです。びゅんびゅん車は通っていましたが、飼い主さんと一緒に歩くわんちゃんたち。どちらもオフリーシュでした。
  
お店の入口で、飼い主さんを待っているわんちゃんたちも多かったです。

そして、肝心のおパグさん。飼い主は19日間北欧に滞在しておりましたが、実際に生おパグさんと出会ったのは3回のみ。ヘルシンキで遠くにスポットしたフォーンちゃん、お写真上のおもちゃ屋さんで出会ったフォーンちゃん、レストランの帰りに遭遇したブラックちゃんです。ブラックパグちゃんは、夜道のため暗闇と同化。お写真を撮ることができませんでした。

北米に比べて人気が高いなぁと思ったのが、フレブルさんです。本当に1日1回はフレブルさんに会いました。カード類もフレブルさんバージョンは多かったですし、同じ鼻ぺちゃでも、北欧での人気は(おパグさんよりも)フレブルさんのようです。

ナナ&ジャズを連れて北欧へ移住できるとしたら、飼い主はおそらくYES!と即答することでしょう。ここよりも、絶対にわんこにやさしい国だもの~。北欧と日本なら、飼い主はもちろん日本を選びますョ。

さて、これにて飼い主の北欧旅行記も終了です。長い記事にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。次のバケーションまで、がんばって働きますョ。


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
PR

No.893|お出かけComment(1)Trackback

ナナさん、体調不良で同伴出勤

2016/12/16(Fri)02:00

ナナさん下痢Pのため、夜中のトイレは5、6回。朝も引き続きゆるゆるうんPのため、みんなへメールを入れてから同伴出勤となりました。
 
ナナさん、基本的にオフィスでは寝ています。一切吠えることもないので、同僚も(飼い主のオフィスに入ってこない限り)ナナさんに気付かないことがほとんどです。ドアを閉めている為に飼い主のオフィスにパグ臭が充満してしまうのが難点ですが、それ以外は完璧オフィスパグですョ。

お部屋でファイリングキャビネットの中身を整理していると、ずーっと背後から視線を感じます。

ジャズミンは飼い主が少しでも動くと興奮してしまうのですが、ナナさんはマイペース。キャビネットやドアを開け閉めしても、特に気にしません。コピーを取りに部屋を離れても同じです。

そのままナナさんを残し、隣のお部屋でミーティングをしていた飼い主たち。どれくらい経ったかな。突然ひょっこりと、ナナさんがお部屋に現れました。ドアが完全に閉まっていなかったようで、自分でドアを開け、飼い主たちの声が聞こえる部屋へやってきた模様です。

みんなに愛想を振りまくナナさんにはすぐ戻ってもらいましたが、今度は小さな声で珍しくくぅーんくぅーんと鳴くんです。トイレへ連れて行ったところ、駐車場でゆるゆるうんPでした。

※あまりにもオフィスが散らかっているため、画像は処理いたしました。

この日はトイレの合図を2回送ってくれたので、自宅もオフィスも汚れず無事でした。ナナさん、トイレをきちんと我慢してくれてありがとネ!

しかし!ひとり残されたジャズミンはキレたのか?寂しかったのか?情緒不安定だったのか?留守中カーペットにまさかのうんP。帰宅後も、また別カーペットでうんPしようとするんです。ジャズはいつも失敗しないのに、この日に限ってなーーーーぜーーーーー????

ふたりの精神状態を考えると、常にペアで行動させるべきなのかな。ナナさんだけ出勤すると、同僚も「ジャズは留守番中?」と聞いてくれます。ジャズがもう少し大人しければ、問題なくオフィスへも行けるのに・・・。

(ナナさん、翌日のうんPは正常でした)


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.895|健康のことComment(1)Trackback

ジャズミン、3歳のお誕生日おめでとう!!!

2016/12/15(Thu)02:35

12月13日、可愛い可愛いジャズ子さんが無事3歳になりました。

ジャズミン、お誕生日おめでとう!!!!(昨年のお誕生日の様子はこちらから

毎年あまり代わり映えしませんが、スウィートポテトで形成したケーキにヨーグルト&ラズベリーでデコレーション。

ナナさんも一緒に、いただきます。

当日は車のエンジンをかける度に、バースデーガールのへのメッセージが現れました。

我が家へやって来た当初はこんなに小さかったジャズミンも、今では貫禄のある黒パグちゃんへ。

いたずら、おやつ、ナナさんが大好きで、常に笑顔を絶やさないジャズ子さん。飼い主&サブ飼い主さんは、ジャズ子を2頭目のおパグさんとして迎えたことを本当に良かったと思っています。

これからも元気で、ずっとずっとナナさんと一緒に長生きしてネ!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.894|おうちパーティーComment(5)Trackback

デンマーク旅行(食事編)

2016/12/14(Wed)05:25

※デンマーク旅行記は、カナダに住む飼い主の感想です。日本に住んでいらっしゃる方とは、視点が異なるかもしれません。コペンハーゲン観光編郊外観光編お買い物編はこちらからフィンランド観光編お買い物編食事編はこちらから。 

カフェ

ヘルシンキに続き、コーヒーもパンも美味しいデンマーク。朝食は毎日いろんな場所でいただきました。デンマークも同じく、世界有数のコーヒー消費国だそうです。

すごいボリュームだったのが、「ILLUM(デパート)」地下のHOLMのブランチセットです。ILLUM斜め前辺りのEuropaブランチもすごい量でしたが、HOLMの量にはかないません。
 
なぜかここ、ご丁寧にデザートのケーキまで付いてくるんです。これ、完食できる方はいらっしゃるのでしょうか。飼い主は北米で鍛えられておりますが、半分以上残してしまいましたョ。

そして、素朴な疑問。北欧の方は、みなさんアメリカ人以上の胃袋の持ち主なのですか?飼い主はまったくもって小食でもありません。日本人女子と比較すれば絶対に大食いです。それでも、毎日食事と戦っておりましたから。とにかくどこへ行っても(ランチもディナーも)量が多すぎ、申し訳ながらも毎回残してしまいました。(フィンランドも同様)


美術館や図書館併設のレストラン

デザインミュージアム併設のカフェ。12時前に到着したのですが、お席はほぼ予約済み。そして空席はどんどんお客様で埋まっていくのです。カフェなのに何なんだろう?と思いましたが、着席して理解できました。お料理も非常に美味しいのですが、プレゼンテーションもとても美しいです。飼い主がもしコペンハーゲンに住むことがあれば、かなり頻繁にリピートすると思います。あーーー、また行きたい!

ルイジアナミュージアム併設のカフェも最高でした。ディナービュッフェは午後5時半からスタートですが、5時半前に既にお席はほぼ満席。みなさんお支払いを済ませ、食べる気満々です。ビュッフェとはいえ、きちんとシェフがいらっしゃってメインコースをサーブしてもらえます。何をいただいても美味しかったのですが、ポテトスープとローストビーフが良かったなぁ。サブ飼い主さんは、こちらのカフェでサーブされたデザートが、北欧旅行中のデザートNo.1だそうです。

コペンハーゲン観光編でも触れましたが、美しい中庭を眺めながらお食事をいただけるのは、ニイ・カールスベルグ・グリプトテク・ミュージアム併設のカフェ。飼い主はケーキ&コーヒーしかいただいていないのでお料理はわかりませんが、雰囲気は最高です。

コペンハーゲン図書館併設のカフェも美味しかったですョ。おねえさんオススメのスープをいただきました。

それにしても、なぜモントリオールでも同じ取り組みを行わないのかな?日本でも美術館併設の美味しいレストランや美しい庭園を囲んだステキなカフェなどがあるのに、ここではチェーンのコーヒーショップなどが入っていることが多いです。必ず入館者数も増えるのに!


ディナー

ひとつレストランを選ぶとすると、飼い主のお気に入りは「Host」です。個々のプレゼンテーションが楽しく、お料理もとても美味しかったです。そして、素晴らしいサービスでした。

お料理よりも、サービスが最高に完璧だったのは「BROR」かな。さらに、ここは音楽のチョイスがサブ飼い主さんのツボにはまりまくり。サーバーのおねーさんたちと選曲について語り、一緒に歌って盛り上がったサブ飼い主さん。ごちそうさまでした。

最後に、注意したいことはリコリスです。北欧の方たちは、北米の人たち以上にリコリス好きかと。レストランでシェフのおまかせをお願いした際、飼い主はリコリスについてコメントするのをすっかり忘れていました。デザートにもリコリス、その後味の悪さを消すために注文したお茶までもがリコリス入り。(お茶は1種類しかないとのことで、リコリス入りとは想像もしていませんでした)それ以後は、アレルギーを確認されて「リコリス!!!」と言うように努めました。

nomaを予約してみようと試みたのですが、もちろん全日程満席。計画性のない飼い主ですから、仕方ありません。


それでは最後!北欧旅行(お犬様編)へ続きます。
 

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.888|お出かけComment(2)Trackback

ナナ&ジャズ特注!サンタ&トナカイのコスチュームが届いたョ

2016/12/14(Wed)05:15

10月に入った頃、ナナ&ジャズのクリスマス・コスチュームをオーダーしました。(昨年のコスチュームはこちらから

こちらからサイズをお伝えしてナナ&ジャズ用に作ってもらったのですが、若干大きめの出来上がりに。ナナさん、なんとなくアントニオ猪木風だネ。

先方にお写真を送ったところ「無料でお直ししますョ」と言っていただけ、ずうずうしくもお願いしたのがバケーション前。

そして、バケーション明けに受け取ったお洋服がこちらです!!!

全体的にサイズダウンしていただいたのはもちろん、小顔のナナ&ジャズの頭サイズを考慮いただき、フーディ部分も小さくしてもらえました。
 
おーーーー、フーディがぴったり合っているョ!!! 

先日少し触れましたが、フレブルさん用のお洋服を購入すると、身体はぴったりでも頭部分がぶかぶかということが多々あるナナ&ジャズ。こちらのコスチュームは、ナナ&ジャズもちゃんとフードが被れます。(フーディが自然と落ちてくる記事はこちらから

お部屋が暗いとジャズは分かりづらいので、キッチンへ。

フリース素材でやわらかく、ナナ&ジャズもあったかそうです。

実はこのお洋服、モントリオール在住の日本人おねーさまに作っていただきました。日本でお洋服を販売されていたこともあり、日本クオリティなのが嬉しいです。カナダ人、雑だからネ(汗)もしご興味ある方がいらっしゃれば、彼女のご連絡先を差し上げます。(日本にも既存のお客様がいらっしゃるので、海外発送OKだそうです)
 
ナナさん&ジャズミン、これでクリスマスの準備もばっちりだネ!

今年はゲストもたくさん予定しているクリスマス。コスチュームを着てお出迎えするのが待ち遠しいなあ。


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

No.891|おされComment(3)Trackback